治療について

整骨院と整体院はどう違うの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

整骨院と整体院はどう違うの?

諏訪市|はやし鍼灸整骨院

整骨? 整体?

「整骨院」「接骨院」「鍼灸院」「治療院」「整体院」など街にはたくさんの治療院の看板を目にします。しかし実際に自分がケガをしてしまった時や身体に痛みや不調があった時に、どこへ行ったら良いのかわからない…。どんな基準で治療院を選んだら良いかわからない…。そんな疑問をお持ちの方のために、ここでは特に整骨院整体院の違いについてまとめましたので治療院選びの参考にしていただけたら幸いです。

整骨院接骨院は同じ

整骨院」と「接骨院」は名称の表記は違いますが同じ施術所のことを指します。いずれも柔道整復師という国家資格の取得者が施術を行います。

整骨院と整体の違い

1.資格の違い

【整骨院・接骨院】

整骨院(接骨院)は柔道整復師という国家資格取得者が施術にあたります。厚生労働省または文部科学省管轄の養成学校へ3年以上履修した人が国家試験をクリアし、免許を取得します。解剖学・生理学・運動学・一般臨床医学・整形外科学・外科学・病理学・リハビリテーション医学など幅広く医学知識を基礎から学んでいます。

【整体院】

整体院の場合、「整体師」という国家資格や免許はありませんので、特に資格を取得していなくても開設できます。しかし最近では理学療法士や柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師をはじめ、医療関係の国家資格取得者が整体院やサロンとして施術を行っている整体院もあります。

2.保険の取扱の違い

【整骨院・接骨院】

整骨院は打撲・捻挫(ねんざ)・突き指・むち打ち症・挫傷(肉離れ)・筋を違えた・骨折・脱臼など外傷性の症状について健康保険をはじめ、労災保険自賠責保険の取り扱いがあります。※骨折・不全骨折・脱臼の施術については応急処置の場合をのぞき、医師の同意が必要になります。

【整体院】

整体院は健康保険を始め各種保険の取り扱いはありません。

3.治療方法の違い

【整骨院・接骨院】

整骨院で施術にあたる柔道整復師は骨折や脱臼、捻挫などのケガをはじめ、様々な外力によってダメージを受けた身体の部位を、薬や手術などを用いずに人間が本来持つ自己治癒力を最大限に発揮できるような環境を整える治療法です。具体的にはケガをした患部を固定したり、テーピングをしてサポートしたり、物理療法(患部を温めたり冷やしたり、電気や超音波などを使用し、治癒を促進する治療法)や手技療法(患部の筋肉の緊張を和らげたりする治療法)、運動療法(運動機能を回復させる治療法)などを主体として行います。

古くは「柔道」の源流となった「柔術」という関節技の多い激しい武術があり、相手を攻撃するための技「殺法」に対して、ケガをした相手その場で治療する「活法」という技術が現在の柔道整復師の治療法のルーツになったと言われています。

【整体院】

整体院の場合は施術の種類や考え方も様々で一括りには説明できません。体のバランスを整えたり、リラックスを目的としたり、整体院によってコンセプトが異なります。中には医療関係の資格を取得している方が施術をする整体院もあり、その医学知識や技術を基に専門的な施術をしている整体院もあります。

4.料金の違い

【整骨院・接骨院】

整骨院は健康保険の適応となる症状の場合、病院と同じように治療費の全体から健康保険の負担割合に応じて窓口での支払うかたちとなります。整骨院によってはケガの早期回復や再発予防、ケガや痛みの原因の根本改善を目的とした自費治療を行う整骨院もあります。

【整体院】

整体院は健康保険などの取り扱いがありませんので全て自費での支払いとなります。整体院によって料金設定も様々です。

治療院選びのポイント

1.ケガの場合は整骨院へ

捻挫や打撲、肉離れ(挫傷)筋を違えた、ぎっくり腰など日常生活で生じた外傷性の症状(ケガ)の場合は整骨院の方が適切かと思います。また健康保険の取り扱いのある点でも継続的な治療が必要となる場合には経済的な負担も全額自費の治療に比べると少ないかと思います。さらにケガをした状況に応じて、仕事中や通勤中のケガに関しては労災保険、交通事故によるむち打ち症などのケガについては自賠責保険の取り扱いがあり、原則的に患者さんの窓口負担がなく治療が受けられます。

2.国家資格取得者

施術を担当する人が医療関係の国家資格取得者かどうかは治療院選びの1つの重要なポイントになると思います。資格を持っていない施術者の方の中にもいわゆる『腕のいい先生』はいらっしゃいますが、国家試験をクリアしているということは、人の体を扱うにあたって、解剖学や生理学などの医学の基礎はもちろん、病気やケガについての医学的な知識を習得したという1つの基準になるかと思います。

3.説明に納得ができる

症状の改善の有無はもちろん重要になりますが、体の状態や治療方法などの説明に対して納得ができるという事も重要なポイントになると思います。症状が改善する期間の目安や、症状を改善するために改善が必要な生活習慣や体操などの指導やサポート、また症状の経過をしっかりと伝えてくれる治療院が安心して通える治療院になると思います。

最後に

ご自身の体にケガや痛み、不調が起きた時、多くの方が真っ先に「病院へ行こう」となるでしょう。もちろん病院の検査によって症状の原因を突き止めることはとても重要なことです。そして検査や治療によって症状が改善してしまえば問題はありません。しかし原因がわかったとしてもなかなか思うように症状が改善しないこともあると思います。整骨院と整体院は名前はよく似ていますが治療法などに大きな違いがあります。治療院に通うか否かは自己判断になりますが、ご自身にあった治療法やアドバイスによって症状が改善されるきっかけがあるかもしれません。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*