トリガーポイント

五十肩とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ここでは五十肩の症状でお悩みの方へ五十肩の症状や経過、治療法などについてにお答えしていこうと思います。

五十肩とは?

「五十肩」は医学的な病名は「肩関節周囲炎」といいます。
肩の関節の周りが痛くなったり動かしにくくなったりする状態で、40代から50代くらいの年齢層に多くみられます。

五十肩の症状

五十肩 四十肩
  • 肩の関節の痛み
  • 肩の関節が動かしにくい(運動制限)
  • 肩の関節が固まる(関節拘縮)
  • 夜中に肩が疼く(夜間痛) など

症状の程度は人によって違いますが、お風呂で頭を洗う動作やズボンをはくときに引き上げる動作など日常のちょっとした動作で肩に痛みが走ります。また、肩の関節が動かせる範囲がせまくなり、ひどくなると腕が水平以上に上がらない状態になります(運動制限)。夜中に肩の関節が疼くように痛み、眠れないなどの症状があります(夜間痛)。

五十肩の分類

ひとくちに五十肩といっても人によって痛みが出る部位が違ったり、動かせる範囲もさまざまです。ここでは五十肩の分類についてみていきましょう。

五十肩には大きく分けて、はっきりとした原因のある五十肩と、これといった原因がない五十肩があります。

はっきりとした原因がある五十肩に関してはそれぞれの原因を改善するような治療が必要です。しかし多くの五十肩は、はっきりとした原因がなく徐々に痛みが増したり、動かなくなってきてしまいます。これを一般に『五十肩』といいます。

五十肩で痛い場所

五十肩は押さえると痛みのある部位があります。1カ所が痛い場合もあれば、痛みのある部位が多発することがあります。

肩の前の痛み

肩の丸みのある部分が特に痛みます。

肩の横の痛み

三角筋の周りに痛みがでます。

肩の後ろの痛み

肩甲骨の周りや肩の関節の後ろ部分に痛みが出ます。

五十肩が固まる理由

五十肩は徐々に肩の関節の動かせる範囲がせまくなって動かしづらくなってきます。

関節包が硬くなる

肩の関節は本来ぐるぐる腕を回せるくらい自由度の高い関節で、関節をつなぎとめている関節包や靭帯にある程度の「ゆるみ」があります。五十肩ではこの関節包が線維化を起こし硬くなってくるため、本来の「ゆるみ」がなくなり関節が動かしづらくなっていきます。

滑液包が硬くなる

肩の関節の周りには滑液包という関節のすべりをよくするための液体の入った袋のような組織があります。五十肩になるとこの滑液包も癒着(ゆちゃく)を起こしたり、瘢痕(はんこん)化といって硬い組織に変化しさらに肩の関節が固まっていきます。

筋肉が硬くなる

肩の動きに関係する筋肉は図のように多くの筋肉が関係します。五十肩になるとこれらの筋肉も硬くなります。また、痛みのある筋肉を注意深く触っていくとシコリのようになっている部分があります。

肩の関節組織が線維化する

凍結肩(フローズンショルダー)といわれる状態になると関節包(靭帯)、滑液包、筋肉など肩の関節の組織が線維化し、関節の動きがかなり制限され、日常生活に支障をきたします。

五十肩の経過

五十肩の症状の経過を順にみていきましょう。

炎症期

五十肩の初期段階は炎症期とよばれます。肩の関節に炎症があるため鋭い痛みと筋肉の痙攣(けいれん)が生じます。夜中に肩が疼いて眠れない夜間痛がでることもあります。

拘縮期

炎症期をすぎると拘縮(こうしゅく)期になります。この時期は肩を動かした時の痛みは徐々にやわらいできますが、肩の筋肉がこわばり動かしにくくなります。夜間痛の頻度もだんだんに減ってくるころです。

回復期

拘縮期をすぎると回復期になります。拘縮期ほどの肩の筋肉のこわばりは少なくなり、痛みもだいぶやわらいでくるため、徐々に動かせる範囲も大きくなります。

五十肩の治し方

五十肩は炎症期、拘縮期、回復期の時期に応じて適切な治療やリハビリをすることが重要です。

炎症期の治療

炎症期は痛みや筋肉の痙攣(けいれん)が強く、耐え難い場合は病院で痛み止めや関節注射などの処置を受けられる方もいらっしゃいます。痛みやこわばりが強い時期に動かしたりすることはおすすめできません。夜間痛があり眠れない場合は就寝時の肩のポジションを工夫してなんとかのりこえましょう。

拘縮期の治療

肩が硬くこわばっていますが、痛みが徐々にやわらいできたら、日常生活でも痛みが出る動作はできるだけ避けながらも、痛みが出ない範囲で徐々に動かしていきます。痛みが出ない範囲で体操をしたり筋肉のこわばりやこり感をやわらげるようなリハビリを進めていきます。

回復期の治療

痛みが楽になってきたところでリハビリを徹底的に行なっていきます。肩の関節の柔軟性を取り戻すために、体操やストレッチ、筋肉のコリをほぐし、肩の痛みや不快感をしっかりと改善していきます。

五十肩は自然に治る?

五十肩を経験したことのある人の中には「五十肩は放っておけばいずれ治るよ。」とおっしゃる方もいるかもしれません。しかし、五十肩は適切な時期に適切な治療・リハビリを行わないとつらい痛みが長引いてしまったり、肩の関節の動かしづらさを残してしまう可能性があります。ですのでご自身で判断しないで医療機関を受診し、適切な治療を受けるようにしましょう。

五十肩のまとめ

五十肩になると突然の鋭い痛みや肩のこわばり、動かしづらさなどの症状に苦しめられます。とくに症状が長く続いている方は「このつらい痛みやこわばりはいつになったら治るのだろう?」と不安になってしまうかもしれません。しかし、現在の症状に対して一番適切な治療やリハビリ、ケア方法を根気よく行うことで着実に回復に向かってきますので、どうかあきらめずに一緒にがんばりましょう!

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加