身体の痛み

むち打ち症の症状と治し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

むち打ち症の症状と治し方

諏訪市|はやし鍼灸整骨院

むち打ち症

 

むち打ち症とは

自動車の追突や衝突による交通事故などの衝撃により首がムチのようにしなって起こる頚部(首)を中心としたケガの総称です。医学的な傷病名としては

  • 外傷性頚部症候群
  • 頚椎捻挫
  • 頚部挫傷

などになります。

症状と病態

むち打ち症は損傷の程度によって細かく分類されます。

  • 頸椎捻挫型(最も多い)
  • 神経根型
  • バレ・リュー型
  • 脊髄型
  • 脳脊髄液減少症

このうち頸椎捻挫型がむち打ち症全体の80%以上を占めます。頸椎捻挫型のむち打ち症はレントゲンやMRIなどの検査をして異常がないケースがほとんどです。しかし理学検査(頚部を動かしたりするテスト)で症状が誘発されることからむち打ち症の原因は頚部や肩、背中の筋肉や靭帯といった軟部組織の損傷によるところが大きいと言えます。

症状の経過

※症状や経過はケガをした状況や患者さんによって異なります。ここでは一般的な症状の経過を説明します。

急性期(ケガをしてから1〜2週間前後)

頚部の痛み、ハリ感が強く、頚部の動きが制限されます。また、頭痛やめまい、手のしびれ、腕のだるさなどの症状を伴う場合もあります。病院でのレントゲン検査では異常が見られないケースが多いですが、注意深く観察すると外観上、頚部の筋肉が腫れている場合もあります。急性期の患者さんは「強く寝違えているようだ。」、「ひどい肩こりがする。」や、「重たいものを背負っているようだ。」と訴える方が多くいらっしゃいます。

回復期(ケガをしてから数週間〜3ヶ月程度)

頚部の痛みやハリ感が徐々に落ち着いてきます。急性期の鋭い痛みとは異なり、「鈍い」「重たい」といった感覚の痛みを訴える場合が多くみられます。頚部の痛みと肩こり症状が中心の時期ですが、頭痛や腕のだるさなどを訴える方もいらっしゃいます。

緩慢期(ケガをしてから3ヶ月以降)

順調に回復していけば、頚部の痛みやハリ感も日常生活上支障がないレベルまで安定してきます。レントゲンやMRIなどの検査で特別な異常がないのにも関わらず、頚部の痛みや強い肩こり、頭痛や手のしびれ感などが残っている場合はむち打ち症による筋膜性疼痛症候群(MPS:Myofascial Pain Syndrome)の可能性も考えられます。

治療法

痛みや炎症の強い急性期はある程度の安静も必要になります。しかし骨折や脱臼がない限り、近年では頚椎カラーなどで頚部を安静を保つ治療は行われなくなりました。頚部の筋肉を長期間固定してしまうことで頭部を支えるための頚部の筋肉が使われなくなるため、返って症状が長期化することになります。急性期は無理をせず、2〜3週間程度したら痛みの状態を見極めながら少しずつ意識的に頚部を動かしていきます。症状が安定してきたらストレッチなどを行い、損傷した筋肉を中心に積極的に動かしていきます。

後遺症を残さないために

『むち打ちをすると治らない。』、『雨の日に痛みが出たりする。』など耳にしたことがある方も多いかと思います。しかし実際、むち打ち症の症状は適切な治療を受けなければ後遺症状に苦しめられることがあります。むち打ち症の後遺症の原因として近年注目されているのが先にも述べた筋膜性疼痛症候群(MPS:Myofascial Pain Syndrome)です。損傷した筋肉に痛みや不調の原因となるトリガーポイント筋膜の癒着などが生じ、頚部の痛みやハリ感、頭痛、手のしびれ、頑固な肩こり、めまいなどの症状が残ることがあります。こうした症状を残さないためにも早期に損傷した筋肉への適切な治療をする必要があります。

むち打ち症の症状は体の内部(筋肉)の損傷であり、周りからは理解されづ
らい症状です。しかし、痛みの強い時期に無理をしたり、治療をおろそかにすると後遺症状を残すこともありますので、あまり無理をなさらないよう家族や職場などの理解を求めたり、協力していただくことも大切な治療の一環になります。

はやし鍼灸整骨院では自賠責保険の取り扱いがありますので、一般的な交通事故の場合患者さんの窓口負担は0円で治療ができます。また、病院や整形外科との併療も可能です。むち打ち症などの頚部の筋肉を中心とした治療は整骨院の得意分野でもあります。どうかお一人で悩まずに、ご相談ください。また健康でイキイキとした身体を一緒に取り戻しましょう!

交通事故によるむち打ち症でお困りの方に伝えていただけるとうれしいです。

むち打ち症の症状と治し方

はやし鍼灸整骨院

むち打ち症・交通事故治療

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*